Hatena::Grouphatena

はてなの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

はてなスタッフのはてなのサービス全般に関する日記です。
人力検索はてなの告知については、人力検索はてなの日記にて行っています。
使い方に関するご質問、不具合報告やご要望は、お問い合わせ窓口で承ります。
使い方のコツなどを知りたい時は、人力検索はてなの「はてなの使い方」カテゴリーをご利用ください。
※コメント欄へのご質問には対応できない場合がございますのでご了承ください。

2018-07-13

2018年7月31日をもって、はてなIDを取得せずにSNSによる認証ではてなのサービスを利用する機能の提供を終了します。また、公開範囲機能におけるFacebook,mixiアカウントの友達への許可設定も提供を終了します

14:11

いつもはてなをご利用いただきありがとうございます。

掲題の通り、2018年7月31日をもって以下の2つの機能を廃止します。

  • はてなIDを取得せずにSNSによる認証ではてなのサービスを利用する機能
    • なお、Googleアカウントでのログイン機能は引き続き提供いたします
  • 公開範囲機能におけるFacebook,mixiアカウントの友達への許可設定

ご利用いただいているユーザー様にはご不便をおかけし申し訳ございません。具体的な廃止の内容は以下の通りです。

はてなIDを取得せずにSNSによる認証ではてなのサービスを利用する機能の廃止について

この機能は、Facebook,Twitter,mixiアカウントでログインし、はてなIDを取得せずにはてなの一部のサービスを利用することができる機能です。廃止に伴い、はてなアカウントをお持ちでない場合には、以下の機能がご利用いただけなくなります。

  • 人力検索はてな
  • はてなスター
  • はてなハイク
  • SNSアカウントの友達情報を利用した公開範囲設定による閲覧許可

つきましては、今後ご利用頂く場合には、はてなアカウントの登録をお願いいたします。なお、もし、過去の投稿データを引き継いではてなのサービスを利用したいという場合は、はてなのアカウントを取得し、下記の設定ページより

https://www.hatena.ne.jp/my/config/auth/consumer

連携設定をお願いいたします。はてなアカウントにデータが引き継がれます。

廃止後の外部ユーザーアカウントの取扱について

また、廃止後に、はてなアカウントと連携していない外部ユーザーアカウントにて投稿されたデータは順次非公開などの対応を行う予定です。必要な場合は、お早めにはてなアカウントを取得し、連携設定をお願いいたします。

公開範囲機能におけるFacebook,mixiアカウントの友達への許可設定

はてなでは、特定のユーザーに限定してコンテンツを公開する機能として、「公開範囲(認証セット)」機能を提供しており、以下のサービスでご利用いただけます。

  • はてなブログ
  • はてなフォトライフ
  • はてなダイアリー

「公開範囲」機能では、ご自身のFacebook,mixi友達に限定してコンテンツを公開することが可能でしたが、今回、ご利用状況を鑑み、この機能を廃止させていただきます。

つきましては、大変お手数をおかけいたしますが、なぞなぞ認証やはてなID直接指定による認証など別の設定の登録をご検討ください。

認証セットのご利用方法について詳しくは、下記のヘルプをご参照ください。

http://help.hatenablog.com/entry/permission/privacy-setting

トラックバック - http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatena/20180713

2018-05-23

はてな利用規約とはてなプライバシーポリシーの更新について

15:01

本日、はてな利用規約とはてなプライバシーポリシーの改定を行いました。

今回の改定対象は、以下の通りです。

GDPR施行に伴う改定

欧州連合(EU)にて、個人情報(データ)の保護という基本的人権の確保を目的とした「EU 一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)」が、2018年5月25日から適用が開始されるため、その対応となります。

参考リンク: EU 一般データ保護規則(GDPR)について

https://www.jetro.go.jp/world/europe/eu/gdpr/

変更点の概要は以下の通りです。

認定個人情報保護団体の対象事業者登録に伴う改定


ご不明の点などおありの際には、お問い合わせ窓口よりご連絡ください。

トラックバック - http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatena/20180523

2018-02-21

はてなプライバシーポリシーの改定について

11:37

本日、はてなプライバシーポリシーの改定を行いました。

今回の改定対象は(8)第三者のトラッキングシステム 第1項となります。このたび、Fringe81株式会社 の広告配信を最適化する取り組みを開始したため、その旨を追記したものです。

ご不明の点などおありの際には、お問い合わせ窓口よりご連絡ください。

トラックバック - http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatena/20180221

2018-01-23

はてなプライバシーポリシーの改定について

17:32

本日、はてなプライバシーポリシーの改定を行いました。

今回の改定対象は(8)第三者のトラッキングシステム 第1項となります。改訂内容は、ユナイテッド株式会社のプライバシーポリシーの改定に基づき、はてなのプライバシーポリシーに項目を追加したものとなります。

ご不明の点などおありの際には、お問い合わせ窓口よりご連絡ください。

トラックバック - http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatena/20180123

2017-12-22

はてな情報削除ガイドラインを改定しました。

12:12

本日、はてな情報削除ガイドラインを改定しました。

今回の改定は、削除基準の大きい変更を伴うものではなく、2004年のガイドライン施行および2013年の最終改定から相当の時間が経過し、一部の表現や手続きに関する記載が古くなっておりましたため、現状に即したわかりやすい表現に改めることを主目的とした改定となります。

主な改定点は下記の通りです。

記述や構成を見直しました

全体に表記や言い回しを簡素にし、誤記を訂正しました。代表的な箇所を下に記載します。

  • これまで、発信者に対する意見照会を経て削除を行う情報と、はてなが即時に削除を行う情報の両方に対して「原則として削除を行う」と表記していましたが、「原則として削除手続きを進める」との表記にあらため、特に即時削除を行う情報についてはその対象を別途記載し対応方針を明確としました。また、章の構成も整理しました
  • 削除手続きに際して、発信者から意見照会に反論を受けた際の対応について、ガイドライン内に記載されているものが一部ありましたが、一律に「はてな情報削除の流れ」で定めるものとし、ガイドラインからは削除しました
  • 従来は、法人に対する名誉毀損に関して特に詳細な考え方に関する記載がありましたが、これは日本テレコムサービス協会によるガイドラインに沿ったもので、はてな独自の判断基準ではないため、記述を省略し簡潔なものとしました。

ブックマークコメント一覧ページの取扱を変更しました

ブックマークの内部仕様変更に伴い、コメント一覧ページを削除してもユーザーのブックマーク情報は保持されるようになりましたので、これまで原則的に削除対象としなかったコメント一覧ページを新たに「ユーザー・はてな発信情報」と定義し、削除を行う条件を定めました。

実際の手続きの流れに即した説明を追加しました

  • 情報削除に関する意見照会や注意勧告を、登録メールアドレスあての電子メールで行う旨を明示しました
  • 写真、肖像などに関して、撮影に同意が得られている場合には削除を行わない規定としていましたが、画像から伺える撮影状況によらず、当事者から削除申立があった場合には一旦受理し、削除手続きを進める方針を明示しました。これは撮影当初は撮影に同意していたものの、その後の状況の変化により当事者の権益を損ねる事例を想定したものです。
  • 名誉毀損に関し、違法性阻却事由が存在する場合は削除を行わない規定としていましたが、現行の手続きにおいて、はてなが違法性阻却事由の存在が明らかであるという理由で申立を不受理とすることはなく、一旦申立を受理した後、発信者に対して意見照会を行うことによって違法性阻却事由の有無について確認し、削除の可否を決定しているため、それに沿った表現に改めました
近年の判例やサービス利用の実態に即した基準の改定を行いました
  • 従来は、名誉毀損の項目で、申立者からの反論が効果を上げている場合には削除を行わない旨を定めていました。これはいわゆる「対抗言論の法理」に基づくものですが、近年ではインターネット上での対抗言論の可能性が認められない判例も多く、実際に当事者の反論が効果を上げているかどうかを客観的に評価することは困難になっています。そのため、この項目の適用範囲を狭め、当事者が継続的に反論を行い議論が進行している場合のみに限定しました
  • はてなキーワードについて、サービス開始当初は編集者間の自発的な議論に基づく運用を原則としていましたが、現在は編集合戦となった際に、はてながモデレータとして管理を行うこととなっているため、反論可能性に関する記載を廃止しました
  • 違法有害情報や権利侵害情報に対するリンクの掲載が違法とされる判例に沿い、児童ポルノ(実在児童の被害を伴うもの)や、違法ダウンロードサイトの紹介など、リンクの内容や態様によって特に違法性が高いと判断した場合、意見照会を経ず即時削除を行う規定を設けました

はてなは、これまでと同様に、投稿者の表現の自由を尊重しながら、一方で他者の権利が侵害されることのないよう適切に対応を行い、健全にサービスを運営してまいりたいと考えております。

また、情報削除や発信者情報開示を行った事例について、代表的なものについては一般化した形ではてな情報削除関連事例にて公開を行ってまいります。ご理解いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

トラックバック - http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatena/20171222