Hatena::Grouphatena

はてな情報削除・発信者情報開示関連事例

利用規約トップへ

2015-07-31

Internet Archive経由でエントリーページに自動引用された情報に対する削除依頼

| 11:40

  • すでに削除された個人情報を含むページが Internet Archivehttps://www.archive.org/ ) に取得され、そのURLをブックマークされることによりエントリーページにタイトルや概要欄に個人情報が自動引用されているため、本人からの削除依頼あり
  • はてなでは、エントリーページ内の自動引用情報に対して削除依頼を受けた際、その時点で引用元サイトに情報が表示されている場合には、引用元サイトに対し削除依頼を先に行うよう促し、削除が完了した後に引用情報を削除している
  • しかし、引用元サイトが不当に削除に応じない場合や、削除の手続きが著しく困難である場合があるため、そのような場合、特例としてエントリーページから自動引用箇所を削除し、さらにエントリーページを検索対象から除外するよう、metaタグの設置などの対応を行っている
  • 一般に海外のアーカイブサービス(いわゆる魚拓サービス)は削除手続きが困難であることが多く、InternetArchive では原則として削除されたページの管理者以外からの削除依頼を受付ていない。すでに削除されたページの管理者に対し連絡を取り管理者を通じて削除依頼を行うことは一般に困難であると考えられるため、本件では上記特例を適用し、自動引用箇所を削除の上、検索対象から除外した

補足

  • 引用元が削除されていることを理由として削除申立を経ずに削除が可能な情報は、自動引用された情報に限り、ユーザーがブックマークコメントに転記、引用した情報については「はてな情報削除の流れ」に沿い、プロバイダ責任制限法に基づく削除申立が必要となる
    • はてな情報削除ガイドライン」において自動引用情報は「はてな発信情報」、ユーザーコメントは「ユーザー発信情報」に相当するため、対応基準が異なる

Copyright (C) 2001- Hatena. All Rights Reserved.