Hatena::Grouphatena

はてな情報削除・発信者情報開示関連事例

利用規約トップへ

2016-10-14

匿名ダイアリーに自身への言及があるとして削除依頼を受けた事例

| 12:12

  • 匿名ダイアリーに個人が特定できる情報とともに自身に対する根拠のない誹謗中傷が記載されているとして削除依頼あり
  • 匿名ダイアリーでは、特定の人物が言及された記事に当事者より削除依頼を受けた場合は、意見照会などは行わず削除を行うルールとしている。そのため、記事を削除した。また、今後は同様の言及を匿名ダイアリー内で行うことを禁ずる旨、登録メールアドレスあてのメールにて勧告を行った
  • その後、投稿者により、再度同様の内容が投稿されていることが判明した。氏名は伏せられていたが、所属や状況から言及されている個人は容易に特定できる状態であった。
  • はてなからの注意勧告に従っていない状況であるので、匿名ダイアリーの利用を停止し、投稿を削除するとともに、今後、別のアカウントを取得してのサービス利用も含めて禁止する旨を登録メールアドレスあてに連絡した
  • その後、新規に取得された別アカウントで一連の削除に関して言及した匿名ダイアリー記事が投稿され、削除された記事の投稿アカウントによりブックマークが行われていた。また、新規に取得された別アカウントとブックマークを行ったアカウントの利用環境は一致し、同一人物であることが確認された。
  • 新規で取得されたアカウントについても利用停止とし、投稿の削除を行った。また、一人で複数のメインアカウントを利用することもはてな利用規約では禁止事項としているため、双方のアカウントはサービス全域の利用を停止した

補足

本対応は、匿名ダイアリーのみに適用される特例的なルールに基づきます。本ルールに対する考え方としては、下記のように告知日記にて記載いたしております。

はてなは、はてな匿名ダイアリーについて、投稿者が表示されず文責を問いにくいサービスであるという性質上、特定のユーザーや個人を批判・攻撃する文章を公開する目的での利用を適切とは考えておりません。特に、投稿者が表示されない状況を悪用し、言及された当事者が掲載を望まない内容を意図的に投稿する行為は、嫌がらせ、迷惑行為に該当すると判断して差し支えないものと考えます。

はてな匿名ダイアリーへの投稿に関する削除の対応方針を追加しました - Hatelabo Developer Blog*

なお、はてなブログなど投稿者の記名があるサービスにおいて、特定人物に対する論評を行う場合にはこのルールは適用されません。従来通り「はてな情報削除の流れ」に沿い、対応を行います。

2016-06-09

公序良俗に反するブログ記事に対する通報

| 11:35

  • ナンパを目的として部屋を共有するメンバーを募集するブログ記事に対し通報あり
  • 声かけ行為に関する記事(いわゆる「ナンパブログ」)については、人間の心理やコミュニケーション自体を考察する内容など有益なものも含まれることから一律に禁止していないが、下記のような情報が含まれる場合、利用規約第6条に定める禁止事項に相当すると考えられる
    • 違法行為、条例などで禁じられている行為を公開、指南する内容(第6条 1-g)
    • つきまといや恫喝など迷惑行為に相当する行為を公開、指南する内容(第6条 1-g 2-d)
    • 相手をだます手法や相手の意志に沿わない行為をさせる手法を公開、指南する内容(第6条 2-c 2-d 2-h)
    • 具体的な性行為に関する描写(第6条 2-c)
    • 高額なセミナーへの勧誘や情報商材の販売(第6条 1-c 1-e 3-a)
    • その他、公序良俗に反する内容、社会的に不適切な内容(第6条 2-h)
  • 当該記事は、共有する部屋を自宅と偽り異性と性行為を行う目的であることが明示されており、明らかに上記に相当するため、ブログを非公開とした

2015-12-16

侮辱表現を含むブログ記事に対する削除申立

| 19:15

  • ブログ記事に対し、卑語を使い自身が言及されており侮辱に相当するとして削除申立あり
  • ブログ作者に意見照会を行ったところ返信はなくブログ作者により自主的に削除された
  • その後、同一のブログの異なる記事で、別の人物に対し同一の表現での言及があり、言及された人物より再度削除申立が行われた
  • 削除申立を受け自主的に削除を行ったにもかかわらず、同様の内容を再度投稿する行為は、はてな利用規約第6条(禁止事項)3-e に相当し、はてな情報削除ガイドライン「その他迷惑行為」の項においても削除対象と定めている
  • 本件については、言及対象が異なるため、過去に自主削除した記事と文脈が異なる可能性を考慮し、即時削除を行わず注意勧告とともに意見照会を行い、反論を受け付ける旨を伝えた
  • その後、発信者からの直接の返信はなくブログ内で申立内容が開示されていることが確認され、記事内容から嫌がらせを意図して投稿されていることが明確と判断したため、サービス全域の利用を停止した
本対応に関する考え方
  • はてな情報削除ガイドラインでは、表現の自由を尊重する観点から、侮辱に相当する可能性がある表現についても、原則としてその理由のみでの即時の削除は行わず*1、それにより権利を侵害されたとする者から削除申立を受けた際には、発信者に意見照会を行った上で削除の可否を決定することとしている
  • このような方針で運営を行うにあたり、意見照会は、発信者に対して表現の意図を確認し正当な反論を受け付けるプロセスとして特に重要であり、発信者が自由な表現を行うにあたって、その表現が権利侵害情報に相当しない根拠を説明することを求めている
  • 意見照会に対し、発信者が説明や反論を行わず自主的に削除を行った後で、同様の表現を再度投稿した場合、自身の責任を回避した上で不適切な表現行為を継続しているということになる。これは健全なサービス運用の妨げとなるため、規約、ガイドラインで禁止している
補足:申立内容の開示について
  • 削除申立内容のブログなどでの開示について、通常は個人情報にかかわる部分を除いて開示を認めているが、申立者が非開示を希望する場合や、申立内容自体に機密性のある情報を含む場合など、開示が望ましくない場合、意見照会にあたって申立内容の開示を控えるよう、はてなから個別に要請することがある
  • この要請についても反論は受け付けており、例えばブログの公正な運営にあたって削除理由を明確とする必要がある場合など、発信者、申立者との協議により情報開示を認めることがある
  • 本件においては、開示を控えるよう要請を行ったにもかかわらず無断で申立内容が開示されており、同様に当社が不適切と判断する行為に相当すると判断した

*1:人力検索など一部サービスを除く

Copyright (C) 2001- Hatena. All Rights Reserved.