はてなキーワード作成・編集ガイドライン

2011年7月15日をもちまして、はてなサポート掲示板は新規投稿の受付を停止致しました。
今後は、人力検索はてなの「はてなの使い方」カテゴリーをご利用ください。
※ご要望や不具合のご報告ははてなアイデア、はてなからのご返信が必要な質問はお問い合わせページをご利用ください。

はてなキーワード作成・編集ガイドライン

目次

  • キーワード作成のルール
    • キーワードにできる言葉
    • キーワードとして登録できない言葉(削除対象となる言葉)
    • キーワードの表記ルール
    • キーワードのリダイレクト
    • キーワードのふりがな
    • キーワードの削除
  • キーワード編集のルール
    • キーワードの説明として適切な内容とは
    • キーワードの説明として不適切であると考えられるもの
    • キーワード編集時の責任
    • 議論のルール
    • キーワードの著作権
  • はてなが編集、削除を行う場合
    • 当事者による申し立てを受けて対応を行うもの
      • 当事者優先ルール
      • 権利侵害情報に対する情報削除申立てへの対応
    • 当事者以外からの連絡であっても対応を行うもの
    • その他、編集に際しての問題がある場合
    • id:hatenasupportの編集、削除に関して
  • スパム、宣伝行為について
    • 自分自身に関するキーワードの登録について
    • URLの掲載について
  • よくある質問
    • キーワードの内容に間違いを見つけたときには
    • 自分に関係するキーワードを作ったり編集していいですか
    • キーワードの内容で権利が侵害されています
    • キーワードの内容が不快です
    • 編集合戦になってしまい議論が成立しません
    • 間違った言葉にリンクしやすい言葉を登録してもよいのでしょうか
    • 最終的な意思決定の責任はどうなっていますか

このガイドラインは、はてなキーワードの作成・編集にあたって守っていただきたいルールや、よくある質問などを解説したものです。随時、情報の追加や更新を行います。

キーワード作成のルール

キーワードにできる言葉

はてなキーワードは、はてな市民*1が共同で編集する共有辞書です。はてな市民であれば自由にキーワードを登録することができますが、キーワードに登録できるのは「キーワードに適した言葉」だけです。

キーワードの意義としては 

  1. 同じキーワードを使っている記事を探しだすことができる(自動リンクシステム的側面)
  2. 説明文や関連情報などキーワードについての有益な情報を得ることができる(百科事典的側面)

この2点があります。その言葉がこの2点のいずれかの意義を満たし、自分だけでなく他のはてなユーザーにとっても有益である場合、はてなキーワードとして新たに登録することができます。

キーワードとして登録できない言葉(削除対象となる言葉)

  1. プライバシー侵害や迷惑行為となる
    • 一般私人の名称や連絡先
    • わいせつ語、わいせつな内容を含む言葉
    • 他者への誹謗中傷となる言葉
    • (わいせつ語、蔑称、差別語とされる言葉であっても、言及事例が十分にあり、意味、歴史的な経緯など事実に基づく中立的な内容の説明が行われており、学術的あるいは文化的に意義があると判断した場合には削除対象としない場合があります)
  2. 他のはてなユーザーにとって有益といえない
    • 自己紹介や企業、団体などの宣伝
      • 自身による編集であっても、ある程度の知名度のある人物や企業、団体であれば問題ないと判断することがあります。ただし説明文は自己宣伝的なものではなく事実に基づいた中立的な表現である必要があります。
    • 個人的な造語であり一般に利用されている実態がないもの
      • 複数のはてなユーザー間で共有されており、利用されている、あるいは利用される可能性がある場合には削除対象としない場合があります
    • 「歯科 東京」 「引っ越し 見積もり」 など単語を組み合わせたキーワード
  3. その他、はてな利用規約はてな情報削除ガイドラインの禁止事項に該当する内容など、はてながサービスの運営上不適切であるとみなし削除対象とする場合があります。

キーワードの表記ルール

  • キーワード名においてアルファベットの大文字・小文字は区別されません。「HATENA」というキーワードがある場合、日記文中の「hatena」も自動的にリンクとなります。
  • キーワードに含まれる英数字・スペースは半角文字に統一されます。
  • 全角文字中の中黒点「・」、丸カッコ「()」は全角文字の利用を推奨します。
  • 「?」「!」「:」などは、キーワード中の利用方法によって半角・全角を選択するものとします。
  • スペースがあっても無くても同じ意味をなす場合、無い表記を推奨します。日本人名の場合、姓・名の間にスペースなどを入れずに記すことを推奨します。
  • 機種依存文字を含む場合には、正式な表記に従ってください。
  • 異なる表記が広く流通している場合には、正式な表記のキーワードに対して、リダイレクトを行ってください。

キーワードのリダイレクト

  • 表記ゆれなど、同じ内容で名称が異なる場合にはリダイレクトを設定し関連付けることが可能です。
  • リダイレクト先となるキーワードはもっとも一般的な名称、正式名称としてください。
  • リダイレクトを行うキーワードは内容が同一であることとし、関連性がある、類似であるという理由でのリダイレクトは行わないようにしてください。
  • 一般的には同じ内容であるとしてリダイレクトされたキーワードについて、厳密には内容が異なる場合にはリダイレクトを解除することができますが、その際には説明文に差異がわかる記述を追記してください。

キーワードのふりがな

  • キーワードにはふりがなを全角ひらがなで設定してください。
  • ふりがなに使える文字は、全角の「ぁあぃい… ~ …をん」と「ー」と「゛」です。カタカナや半角カナは自動的にひらがなに変換されますが、漢字やアルファベットが含まれている場合はエラーが表示され、登録できません。また、ふりがなに使える文字数は全角32文字までで、それ以上は自動的に切り捨てられます。
  • アルファベット表記のキーワードは、一般的な読み方をひらがなで登録してください。例えば、「The Beatles」というキーワードのふりがなは「ざびーとるず」となります。

キーワードの削除

ご自身が作成したキーワードは、作成後24時間以内でまだ他のユーザーが編集していない場合のみ、ご自身で削除することができます。ページ内の「削除する」のリンク、またはキーワード編集ページの「このキーワードを削除する」というボタンから削除してください。

キーワードとして不適切であり削除が望ましいと思われる言葉は、はてなに対して削除を申請してください。その際には、編集画面にある「削除申請フォーム」のリンクから、削除申請の理由をお書き添えの上ご連絡ください。はてなユーザーではない方は削除申請フォームをご利用いただけませんので、お問い合わせ窓口よりご連絡ください。

削除申請をいただいたキーワードは、はてなにて削除の可否を検討いたします。検討の際には、そのキーワードが存続することにより弊害が生じるか、あるいはそのキーワードが存続する意義があるかによって削除の可否を判断します。また、キーワードの見出しとなっている言葉そのものではなく説明文に問題がある場合、キーワード自体は削除対象とはいたしません。

キーワードはリンクスコアによってリンクしない設定にできますので、自分にとってリンクが不要であるという理由での削除申請は行わないでください。特に削除申請が頻繁であり、さらにその理由が妥当ではない場合、その方からの削除申請の受付を停止することがあります。


キーワード編集のルール

キーワードの編集ははてな市民であれば誰でもできますが、一定のルールに沿い、責任を持って編集を行っていただく必要があります。

キーワードの説明として適切な内容とは

キーワードの説明には、なるべく普遍的かつ中立的な情報を載せ、簡潔で誰が閲覧しても違和感無く理解ができるよう心がけてください。特に、様々な解釈が存在する言葉の場合には、中立的な立場でそれぞれの解釈を紹介するよう努めてください。

ただし、罪が無く機知に富んだユーモアは歓迎されており、必ずしも辞書的な説明である必要はありません。

キーワードの説明として不適切であると考えられるもの

  • 著作権や肖像権、人格権など他者の権利を侵害する内容
  • 悪意や嫌がらせを目的とした内容
  • 中立的でない偏った内容
  • 客観的事実ではない内容
  • 自分にしか意味がわからないなど、他の人に理解できない内容

このような内容の編集は行わないでください。特に編集内容がはてなが編集、削除を行う場合で定める内容に該当する場合、id:hatenasupportが管理者として訂正や削除を行う場合があります。

キーワード編集時の責任

キーワードの作成・編集を行う場合には、その作業意図を他のユーザーに説明する責任を負います。それぞれに価値観の異なる多数の編集者が共同でキーワードの編集を行うには、意見が異なる場合、議論によって結論を導くことが必須となります。それによってキーワードの内容がよりよいものとなりますので、編集時に意見がわかれたときには冷静かつ誠実な議論を行ってください。

議論のルール

  • 編集の意図については誠実にわかりやすく説明を行ってください
  • 編集者の人格に対する攻撃を行わず、編集内容の是非について議論をするように心がけてください
  • 議論の根拠としては「はてなキーワード作成・編集ガイドライン」および「はてな利用規約」を参照してください
  • 議論が収束せず意見がわかれた場合には、両方の意見を併記することによって中立性を保ってください。
  • 編集者がこのような議論のルールに従わず、議論が成立しない場合は id:hatenasupport が管理者として注意勧告を行います。さらに改善が見られない場合においては、編集権の停止などの措置を行います。
  • どうしても議論によって解決ができない際の緊急措置としてid:hatenasupport が管理者としてモデレーションを行い、必要に応じて説明文の編集あるいは編集の一時凍結などといった対応を行う場合があります。

キーワードの著作権

はてなキーワードは不特定多数の編集者によって共同で編集が行われているため、常に他の編集者によって改変される可能性があります。編集者個人の著作物ではありませんので著作権を主張することはできません。

はてなが編集、削除を行う場合

はてなキーワードの説明文の内容の可否は、はてな市民による自主的な議論に基づくことを原則としておりますが、下記のような場合、id:hatenasupportが管理者として編集あるいは削除を行います。

当事者による申し立てを受けて対応を行うもの

当事者優先ルール
  • 私人の名称がキーワードとして登録されている場合で、当事者が公開を望まない場合はキーワードを削除対象とします。
  • 私人の名称がキーワードとして登録されている場合で、記述の内容に本人が公開を望まない記述がある場合は、その箇所を削除対象とします。
  • 特定の人物(私人、公人とも)の公式に発表されていない実名や私生活上の事実、過去の経歴などがキーワードおよびキーワードの説明文として登録されている場合で、当事者が公開を望まない場合はその箇所を削除対象とします。
  • ただし、公人(著名人)の著名となった公的な業績に関係する事項であり、客観的な事実である場合は、原則として削除対象とはしません
    • 客観的な事実ではない場合や、出典が確認できない場合などは削除対象とします
  • 引退した芸能人など、かつて公人(著名人)として活動していたが現在はそうではない場合には、当事者がのこした公的な業績など、現状の知名度などを考慮し個別に判断します
権利侵害情報に対する情報削除申立てへの対応
  • 記載されている内容が著作権や人格権など他者の権利を侵害しているとして、当事者から削除の申し立てがあった場合は、はてな情報削除ガイドラインに沿って対応を行います。

当事者以外からの連絡であっても対応を行うもの

  • 明確な誤字や脱字の修正
  • 住所、URL、営業時間などの客観的な情報が誤っている場合
  • 営利宣伝行為に該当する場合
  • 違法である、公序良俗に反する、あるいは倫理的な問題があるなど、はてな利用規約で禁止事項と定める内容である場合

その他、編集に際しての問題がある場合

  • 議論がどうしても収束せず、双方の論点を整理して併記する必要がある場合など、モデレーションの必要が生じた場合には、編集者の意見を聴取した上でid:hatenasupportが編集を行う、あるいは、編集を一時的に凍結するなどの対応を行う場合があります。

id:hatenasupportの編集、削除に関して

  • d:hatenasupportは運営上必要な場合に管理者アカウントとして編集、削除を行います。また、編集、削除の際にはコメント欄で理由を明記し、必要に応じて編集者に対して直接連絡を行います。id:hatenasupportが編集や削除を行った内容を無断で復帰するなど、その決定に従っていただけない場合、迷惑行為となりますので、はてな市民権を停止させていただく場合があります。

スパム、宣伝行為について

はてなでは、利用規約第六条で「宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の行為」を禁止事項としており、はてなキーワードの機能を利用した宣伝行為を行うことはできません。これは特定のサイトのSEOを目的とした行為も含みます。

自分自身に関するキーワードの登録について

自分自身の名称(本名、筆名やペンネーム、ハンドルネームなど)や、自分の所属する団体、企業に関連する内容など、登録者と関連のあるキーワードの登録は禁止事項としていません。

しかし内容が過剰に自己宣伝的である場合は宣伝行為に該当し、id:hatenasupportが管理者として削除する場合があります。

自分自身に関するキーワードもご自身の認知度によっては有益ですが、一方、状況によっては自身の信用を貶める恐れがあり、登録には十分な慎重さが求められます。第三者による登録を待つことを推奨します。

URLの掲載について

参考URLおよび説明文中に掲載するURLに関しては、公式サイトなどそのキーワードに関する中立的な情報源となるURLを記載してください。下記のようなURLの掲載は宣伝行為とみなし、削除する場合があります。

  • キーワードが商品名の場合にその商品を取り扱う特定ショップのURLの掲載
  • アフィリエイトIDが付加されたURLの掲載
  • その他、特定の利害に関連するURLの掲載

よくある質問

キーワードの内容に間違いを見つけたときには

はてな市民となっている方であれば、誰でも編集に参加することができますので、間違いを見つけたときには、ぜひ訂正してください。

また、あなたがはてな市民ではない場合、社名、住所など客観的な情報の誤りに関しては、はてなが訂正しますので、サポート窓口からお知らせください。ただ、さまざまな意見がある内容や、真偽が明確でない内容に関してははてなでは訂正を行いません。はてな市民となって編集に参加していただくことを推奨します。

自分に関係するキーワードを作ったり編集していいですか

ルールとして禁止はしていませんが、第三者による登録を待つことを推奨します。詳しくは、スパム、宣伝行為についてを参照してください。

キーワードの内容で権利が侵害されています

自分の著作物が引用の範囲を超え、転載されている場合や、自分に対する名誉毀損である場合など、自身の権利が侵害されている場合は、はてな情報削除ガイドラインに沿って対応を行います。サポート窓口までお知らせください。

また、自分ではない第三者の権利が侵害されていると思われる場合、当事者の意向によらず権利侵害であると判断できない事例が多いため、原則として当事者からの申し立てによって対応を行います。当事者に連絡をとっていただくか、またはご自身で削除を行ってください。

キーワードの内容が不快です

他者を不快にさせるために意図してそのような内容がかかれている場合や、公序良俗に反する内容である場合は、はてなにより削除を行う場合があります。ただし、価値観や意見の違いのために不快と思われる場合は削除を行いません。ご自身で編集を行っていただくことを推奨します。さらに、このような編集の際には編集者間で議論となる可能性がありますので、キーワードの内容として不適切である理由を明確に説明するよう心がけてください。

編集合戦になってしまい議論が成立しません

相手の意見を削除し、自分の意見に書き換えるという編集合戦は収集がつかなくなってしまう場合が多いようです。複数の意見がある場合には、それらを併記できないか検討してください。

どうしても、適切な議論ができない場合、サポート窓口までご連絡ください。状況に応じ、モデレーションを行います。

間違った言葉にリンクしやすい言葉を登録してもよいのでしょうか

特に短いキーワードに関しては、キーワードが単語の区切りを誤って別の単語として自動リンクされてしまう「誤リンク」(「誤爆」)が起こってしまう問題があります。以前は、誤リンクが起こりやすい単語はキーワードとして適切でないとの判断が行われており、また誤リンクを回避するために、「誤爆防止」として意味のない単語がキーワードとして登録されるといった対策もとられていましたが、現在は特にそのような制限は行っていません。

リンクスコアを下げることにより自動リンクが起こりにくくすることは可能ですので、誤爆を避けるための意味のない単語の登録は行わないでください。

最終的な意思決定の責任はどうなっていますか

議論が収束しない場合には、原則としてはてな社内の協議によって最終的な判断を行います。

* はてなダイアリーキーワード:はてなキーワード作成・編集ガイドライン