はてなグラフ利用可能関数

2011年7月15日をもちまして、はてなサポート掲示板は新規投稿の受付を停止致しました。
今後は、人力検索はてなの「はてなの使い方」カテゴリーをご利用ください。
※ご要望や不具合のご報告ははてなアイデア、はてなからのご返信が必要な質問はお問い合わせページをご利用ください。

はてなグラフ利用可能関数

はてなグラフでは、数式にグラフ名と数式を入力すると、自分が作成したグラフをもとに計算を行ったグラフを作成することができます。

利用可能演算子・関数

  • +
    • 加算
  • -
    • 減算
  • *
    • 乗算
  • /
    • 除算
  • ()
    • 括弧
  • ABS(X)
    • X の絶対値を返す。
  • ACOS(X)
    • X のアークコサイン(つまり、コサインが X である値)を返す。X が -1 から 1 の範囲にないときは NULL を返す。
  • ASIN(X)
    • X のアークサイン(つまり、サインが X である値)を返す。X が -1 〜 1 の範囲にないときは NULL を返す。
  • ATAN(X)
    • X のアークタンジェント(つまり、タンジェントが X である値)を返す。
  • ATAN(Y,X) , ATAN2(Y,X)
    • 2 つの変数 X と Y のアークタンジェントを返す。これは Y / X によるアークタンジェントの計算と似ているが、異なる点として、この場合、両方の引数の符号に基づいて結果の四分円が決定される。
  • CEILING(X) , CEIL(X)
    • X 以上の最も小さい整数値を返す。
  • COS(X)
    • X(ラジアン)のコサインを返す。
  • COT(X)
    • X のコタンジェントを返す。
  • DEGREES(X)
    • 引数 X をラジアンから度に変換して返す。
  • EXP(X)
    • e(自然対数の底)を X 乗した値を返す。
  • FLOOR(X)
    • X 以下の最も大きい整数値を返す。
  • IF(expr1,expr2,expr3)
    • expr1 が TRUE(expr1 <> 0 および expr1 <> NULL)の場合 IF() は expr2 を返し、それ以外の場合は expr3 を返す。 IF() は、使用されているコンテキストに応じて、数値または文字列を返す。
  • IFNULL(expr1,expr2)
    • expr1 が NULL でない場合は expr1 を返し、それ以外の場合は expr2 を返す。IFNULL() は、使用されているコンテキストに応じて、数値または文字列を返す。
  • LN(X)
    • X の自然対数を返す。
  • LOG(X) , LOG(B,X)
    • パラメータ 1 つで呼び出された場合、この関数は X の自然対数を返す。
  • LOG2(X)
    • 2 を底とする X の自然対数を返す。
  • LOG10(X)
    • 10 を底とする X の自然対数を返す。
  • MOD(N,M) , %
    • モジュロ(C の % 演算子に類する)。 N を M で割ったときの余りを返す。
  • NULLIF(expr1,expr2)
    • expr1 = expr2 が TRUE の場合は NULL を返し、それ以外の場合は expr1 を返す。
  • PI()
    • π の値を返す。
  • POW(X,Y) , POWER(X,Y)
    • X を Y 乗した値を返す。
  • RADIANS(X)
    • 引数 X を度からラジアンに変換して返す。
  • RAND() , RAND(N)
    • 0 〜 1.0 の範囲のランダムな浮動小数点数を返す。 整数の引数 N が指定された場合、その整数がシード値(繰り返し可能な数列を生成)として使用される。
  • ROUND(X) , ROUND(X,D)
    • 引数 X を最も近い整数に丸めた値を返す。 引数が 2 つの形式では、小数部の桁数を D に指定された桁数に丸める。
  • SIGN(X)
    • X が負数か、ゼロか、正数かに応じて、この引数の符号を -1、0、または 1 として返す。
  • SIN(X)
    • X(ラジアン)のサインを返す。
  • SQRT(X)
    • X の負数でない平方根を返す。
  • TAN(X)
    • X(ラジアン)のタンジェントを返す。
  • TRUNCATE(X,D)
    • 数値 X の小数部を D に指定された桁数に切り捨てた値を返す。D が 0 の場合、結果の値は小数点も小数部も持たない。